子供でも安心して通える歯医者さん選び

>

小児歯科にはいつ通う?

小児歯科医に通わせるタイミング

子供のために小児歯科医に通わせたい。そうお考えの方もいつどのようなタイミングで通わせればいいのか分からないとお悩みになっている方は多いのではないでしょうか?
結論から言うと、早ければ早いほど良いです。と言ってもさすがに歯が生えてなければ診断や指導のしようがないので前歯が生え始めたあたりの生後6ヶ月くらいが目安と言われています。遅くとも最初の永久歯である六才臼歯に生え変わるときには小児歯科に定期的に通える環境を整えてあげた方が良いでしょう。
逆にいつまで通ってもいいのかと言うと、実は厳密な決まりはないのです。
と言うのも、一般歯科医の資格があれば小児歯科医を名乗れるので、逆に小児歯科医のお医者様も自動的に一般歯科医の資格を持っているので同じ医院で診てもらっても全然問題ありません。子供の頃からのデータの蓄積もあるのでむしろおススメと言えます。

子供の歯の健康のために

小児歯科での治療の最大の特徴は予防的観点から治療を行うという点にあります。
そのため予防歯科や矯正歯科など歯の健康や噛み合わせ・歯列の矯正など長い目で見たときにプラスとなる治療を積極的に行ってくれるのが特徴です。
代表的なものとしてはフッ素コーティングが挙げられ、していない子供と比べて虫歯になるリスクがほぼ半分に押さえられるというデータもあります。
他にも食べカスや磨き残しを減らすために銀歯を被せたり、フッ素入りの樹脂を使って歯の溝を塞ぐシーラントなどがあり、お子さんの体質や状態に合わせた予防措置を行ってくれるでしょう。
また、年齢が低い方が歯列矯正の際にかかる負担が少なくなるため、永久歯が生え始めるころに小児歯科の先生に相談しておくと後々のためになります。


この記事をシェアする