子供でも安心して通える歯医者さん選び

>

子供の歯についてのお話

同じようで違う?一般歯科と小児歯科

実のところ治療内容自体に一般歯科と小児歯科で違いはありません。
では何が違うのかというと子供の歯を診ることができるか否かです。ちょうど内科と小児科の関係と同じと言えば分かりやすいかもしれません。
子供の身体は何かと大人と違います。それは歯についても同じであり、小児歯科医は子供特有の症状や治療法、子供に使用できる薬の種類について精通した、子供の歯を治療するスペシャリストと言える歯医者さんです。
また、子供の歯は虫歯と健康な歯の見分けがつきにくく、子供自身も自覚症状があったりなかったりするので早期発見もしやすくなります。
一般歯科でも子供の歯を診てもらうことは可能ですが、子供ならば上記の理由もあって小児歯科で診てもらった方が良いでしょう。

小児歯科ではどんな治療をしてくれる?

一般歯科と小児歯科で治療そのものは変わらないことは話しましたが、小児歯科特有の方針は存在しています。
まず小児歯科では対処療法的な治療よりも予防的な観点から治療を行うことがほとんどです。銀歯を被せたり嚙み合わせや歯列の矯正するのはこの典型と言えます。
これは歯をより長く健康に保つためという理由と、子供の歯は永久歯であってもまだ柔らかく虫歯になりやすく進行も早いため予防しておかなければすぐに再発する可能性があるからです。
このため小児歯科の医師は予防歯科や矯正歯科の知識やスキルを持っていることが少なくありません。
加えて、発展途上の子供を診るという性質上、歯や顎の発育を加味して診断してくれるので長いお付き合いになっても柔軟に対応してくれるでしょう。


この記事をシェアする